原油価格高騰ー21日の原油価格(終値)は結局妙な続伸2017/02/22 10:40

 今日のアップは普通に戻った。単純に嬉しい。昨日は終値があったので、ほっと一息。天気は快晴。気温は低いままだが、レオンちゃんは、リードに繋がれ、庭の木のテーブルの上でうっとり。春よ来い。早く来い。

 21日の原油価格(終値)は結局終値ベースで続伸。66セント上げてバレル当り54.06ドルになった。昨日の夜からは僅か13セント後退しているが、主要産油国の協調減産に対する期待が強いと言う証左だろう。

 ブレントも続伸。WTIと同じベースでは85セント高の56.66ドル。昨晩からは24セント安。それでも56ドル台維持。大したものだ。さすがに投機のブレント。ドルが強くなったのに。昨日の終値からは48セント高。

 金は結局僅か続落。20セント下げてオンス当り1238.9ドルになった。相当に高いまま。じりじりと下げてはいるが。トランプ不安、ヨーロッパ不安は相変わらずだからね。それにしても、ドルは強いな~。

 22日午前の取引は、原油が僅か続伸中、金が僅か続落中。原油が11セント上げる一方、金が1.3ドル下げているのだ。なお、原油は既に4月渡しへと移っている。その意味では、一足先に春。アメリカの天然ガス価格は、バレル当り15.38ドル。


アンケート、「100ドル原油時代はまた来るか?」に、ぜひ投票のほどを! http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=17487

原油価格高騰ー21日夜の原油価格は妙に反発中2017/02/21 20:01

 ふう、今日のアップは随分と遅くなった。まあ、しかし、昨日もニューヨーク先物市場はお休み、終値があった分けではないので少し気楽だ。週初の予定はぎっしりだったので、止むを得ないことだ。天気は快晴。気温は幾分低くなった。そのまま春とはいかないものだ。

 21日夜の原油価格は反発中。79セント上げてバレル当り5419ドルになっている。相変わらず、主要産油国の協調減産に対する期待が強いと言うことだろう。日経平均は上げたが、ドルも対ユーロで一段と強くなった。

 ブレントは続伸中。72セント高の56.90ドル。遂に56ドル台乗せか。大したものだ。さすがに投機のブレント。ドルが強くなったのに。ヨーロッパ市場が開けた後も上げている。因みに、ブレントは昨日、終値があり、上げた。WTIと同じベースの先週末との比較では1.09ドル高。

 金は僅か続落中。9.9ドル下げてオンス当り1229.2ドルになっている。こちらも相当に高いままと言えば高いままだが、じりじりと下げている。トランプ不安、ヨーロッパ不安は相変わらずだが、ドルが強くなったからね。


アンケート、「100ドル原油時代はまた来るか?」に、ぜひ投票のほどを! http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=17487

原油価格高騰ー週初20日午前の原油価格は妥当に反洛中2017/02/20 11:26

 今日のアップは遅めだった。しかし、昨日はお休み、終値があった分けではないので気楽だ。週初の予定はぎっしりだが、何とかこなして行きたい。天気は快晴に戻った。気温も幾分マイルドだったのに、普通に戻ったか。それに実に風が強い。春二番?

 週初20日午前の原油価格は僅か反洛中。即ち、3セント下げて、バレル当り53.37ドルになっている。横ばい言っても良いが。相変わらず、主要産油国の協調減産に対する期待は強い。日経平均は僅か下げ、ドルは強含み。

 ブレントも反落中。9セント安の55.72ドル。56ドル弱維持は、それなりに大したもの。ドルが強含んだのだし。まあ、基本的には、ヨーロッパ市場が開けないとね。その意味では、夕方からが本番。

 金は僅か続落中。3.6ドル下げてオンス当り1235.5ドルになっている。こちらも相当に高いままと言えば高いまま。トランプ不安、ヨーロッパ不安は相変わらずだが、ドルが強含んだのだから。勿論、今後の政情も鍵だが。


アンケート、「100ドル原油時代はまた来るか?」に、ぜひ投票のほどを! http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=17487

原油価格高騰ー週末17日の原油価格(終値)は僅かながら妙な続伸2017/02/18 10:25

 今日のアップは普通だった。普通が一番。しかし、気付けば今週も終わり。来週こそはと思うが、週初の予定はぎっしり。さて、どうなることやら。天気はちょっと悪くなった。気温は幾分マイルドのまま。

 17日の原油価格は僅か続伸。4セント上げて、バレル当り53.40ドルになった。まあ、横ばいのようなものだが。主要産油国の協調減産に対する期待は相変わらず強い。株はまちまちだったが、ドルが強含んだ。

 ブレントも僅か続伸。16セント高の55.81ドル。いよっ、投機のブレント。とは言い難い。アメリカの天然ガス先物価格はまた下げた。石油換算では17ドル丁度。これでは、アメリカでは、石油が全く歯が立たない。

 金は僅か反落。2.5ドル下げてオンス当り1239.1ドルになった。トランプ不安、ヨーロッパ不安は相変わらずだが、ドルが強含んだ。高値は1.4ドル上げて1245.1ドルになった。まあ、弱気相場だ。

 最終取引は、原油が僅か反落、金が僅か続落した。即ち、原油が3セント、金が3.1ドル下げたのだ。ドルが強くなったのだから、そんなところか?上げたり、下げたりだったが、いずれも僅か。方向感はなかった。


アンケート、「100ドル原油時代はまた来るか?」に、ぜひ投票のほどを! http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=17487

原油価格高騰ー16日の原油価格(終値)は妙な反発2017/02/17 12:34

 今日のアップは少し遅くなった。いろいろあるものだ。明日はリカバリーといきたい。天気は快晴のままだが、妙に風が強い。気温は幾分マイルドに。レオンちゃんは、家のソファで、ぐっすり。それがよい、それがよい。

 16日の原油価格は反発。25セント上げて、バレル当り53.36ドルになった。主要産油国の協調減産に対する期待が相変わらず強い。加えて、それを延期するとの情報も。株が少し下げたが、ドルが弱含んだ。

 ブレントは僅か反落。10セント安の55.65ドル。WTIが上げたのに、全く投機のブレントらしくない。とは言え、アメリカの天然ガス先物価格はまた下げた。石油換算17.12ドル。これでは石油は全く勝負にならない。

 金は続伸。8.5ドル上げてオンス当り1241.6ドルになった。トランプ不安、ヨーロッパ不安は相変わらずだし、ドルが弱含んだ。高値も8.8ドル上げて1243.7ドルになった。

 17日昼過ぎの取引は、原油が僅か続伸する一方、金が僅か反落している。即ち、原油が9セント上げる一方、金が2.6ドル下げているのだ。日経平均は下げ、ドルは対ユーロで弱いまま。


アンケート、「100ドル原油時代はまた来るか?」に、ぜひ投票のほどを! http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=17487

このブログについて

石油価格は需給のファンダメンタルズから遊離し、異常な水準にまで上昇してしまった。
一刻も早く正常に戻ることを願いつつ、その異常な原油価格動向を書き止めることにした。

最近のコメント

最近のトラックバック

RSS