原油価格高騰ー24日の原油価格(終値)は妥当な反落2016/08/25 18:49

 今日のアップは大分遅くなった。分かっていたことではあったが、困った。ストレスは大分溜った。今日の天気も、ほぼ台風一過、良いまま。猛暑が戻った。残暑?「あかあかと日はつれなくも」は、まだ早い。

 24日の原油価格(終値)は反落だった。即ち、1.33ドル下げて、バレル当り46.77ドルになった。現下の石油需給からすれば、妥当なことだ。株は下げ、ドルが強くなった。金融要因からも妥当だった。

 ブレントも反落。91セント下げて49.05ドルになった。さすが投機のブレント、下げが小さかった。逆値差は2.28ドルへと、予想通り再び拡大。やはり、いつか来た道。

 金も反落。16.4ドル安のオンス当り1329.7ドルになった。高値も下げた。4.7ドル安の1344.1ドルになった。金融要因はミックスだった。対ユーロドル高がより効いたか?

 25日夕の取引は、原油が反発、金が続落中。即ち、原油が28セント上げる一方、金が1.2ドル下げているのだ。日経平均は僅か下げ、ドルは対ユーロで弱くなっている。原油にはミックス、金には追い風の筈。あれれ。



アンケート、「100ドル原油時代はまた来るか?」に、ぜひ投票のほどを! http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=17487

原油価格高騰ー23日の原油価格(終値)は妙な反発2016/08/24 11:31

 今日のアップは僅か早くなった。冷や冷やが続く。明日はこんなわけにも行かないことが分かっている。ストレスは溜る。今日の天気は、ほぼ台風一過、良くなった。気温が高いのは仕方が無い。夏だからね。

 23日の原油価格(終値)は、伝えられるイランの動きをもとに反発した。即ち、1.05ドル上げて、バレル当り48.10ドルになった。現下の石油需給からは理解し難い上げだ。株は上げたが、ドルもやや強くなった。妙だ。

 あのイランがね~とも思うが、市場はそんなことに敏感に反応する。投機筋は、ここのところ、そこに期待を掛けて買いポジションを高めているようだ。そうそう、同限月同士では、69セントの上げだった。先高だからね。

 ブレントも反発。80セント上げて49.96ドルになった。まだ、50ドル割れ。同限月では投機のブレントらしい。逆値差は1.86ドルへと、見かけは縮小。しかし、明日はまた開くことだろう。未だいつか来た道。

 金も僅か反発。2.7ドル高のオンス当り1346.1ドルになった。高値も上げた。3.1ドル高の1348.8ドルになった。金融要因はまあミックスだった。安値拾い?方向感があった分けではないが・・・

 24日昼前の取引は、原油も金も反落中。即ち、原油が46セント、金が4.9ドル下げているのだ。日経平均は僅か上げ、ドルは対ユーロで僅か強くなっている。原油にはミックス、金には向かい風。



アンケート、「100ドル原油時代はまた来るか?」に、ぜひ投票のほどを! http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=17487

原油価格高騰ー週初22日の原油価格(終値)は結局妥当な反落2016/08/23 12:54

 今日のアップも遅くなった。がっくりだ。本当にいろいろあるものだ。ストレスは溜った。天気は台風一過の言葉どおりではないが、良くなった。気温は高いまま。妙な夏が続いている。

 週初22日の原油価格(終値)は結局妥当な反落。即ち、1.47ドル下げて、バレル当り47.05ドルになった。現下の石油需給からは、これが妥当。ドルが弱い中での修正。株はいまいちだったが。利益確定を狙ったか?

 ブレントも続落。1.72ドル下げて49.16ドルになった。50ドル割れ。二日天下だったか。投機のブレントらしい。逆値差は2.11ドルへとまた更に縮小した。しかし、未だいつか来た道だ。

 金も続落。2.8ドル安のオンス当り1343.4ドルになった。高値も下げた。12.2ドル安の1345.7ドルになった。金融要因としては株がまちまち、ドルは弱い、まあ、向かい風か。う~ん。アメリカの利上げ可能性が・・

 23日昼過ぎの取引は、原油も金も続落中。即ち、原油が59セント、金が2.6ドル下げているのだ。日経平均は僅か下げ、ドルは対ユーロで弱いまま。原油には向かい風、金にはミックだが・・・さて、どうなることやら。



アンケート、「100ドル原油時代はまた来るか?」に、ぜひ投票のほどを! http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=17487

原油価格高騰ー週初22日昼の原油価格は妥当な反落中2016/08/22 12:31

 今日のアップは少々遅くなった。がっくりだが、昨日はお休み終値が有ったわけではない。ストレスは溜らない。天気は悪いどころか、台風直撃。強風、大雨予想。確かに。気温は僅か下がり、妙な夏。

 週初22日昼の原油価格は妥当な反落中。即ち、57セント下げて、バレル当り47.95ドルになっているのだ。現下の石油需給からは、これが妥当な方向だが、ドルも弱くなった。そのせいか。日経平均は僅か上げてはいるが。

 ブレントは続落中。76セント下げて50.12ドルになった。おっと、50ドル割れ寸前。投機のブレントらしくない。逆値差は2.17ドルへとまた更に縮小。まあ、未だいつか来た道とは思ってはいるが。

 金は続落中。9.6ドル安のオンス当り1336.6ドルになっている。高値も下げた。12.2ドル安の1345.7ドルになっている。金融要因としては株が僅か上げ、ドルが上昇中だから、まあ、ミックス。



アンケート、「100ドル原油時代はまた来るか?」に、ぜひ投票のほどを! http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=17487

原油価格高騰ー週末19日の原油価格(終値)も僅かながら妙な続伸2016/08/20 11:56

 今日のアップはほぼ普通。やれやれだ。しかし、既に週末。ストレスは弱まったが、悔いは残った。来週は頑張ろう。天気は悪いまま。気温は高いまま。夏だからとも思うが、妙な夏。まるで今週の原油価格の上昇のよう。

 週末19日の原油価格(終値)も僅かながら妙な続伸。現下の石油需給からは、理解困難なまま。30セント上げてバレル当り48.52ドルになった。金融要因は株がほぼ下げ、ドルが弱い中立ち直り加減。こちらからも妙。
 ブレントは僅か下げた。1セント下げて50.88ドルになった。とは言え横ばいのようなものだが。投機のブレントらしくない。逆値差は2.36ドルへと更に縮小。まあ、いつか来た道。

 金は反落だった。11ドル安のオンス当り1346.2ドルになった。高値も下げた。3.6ドル安の1357.9ドルになった。金融要因としては株がほぼ下げ、ドルが戻し加減だったから、向かい風だった。
 最終取引は、原油が僅か続伸、金が僅か続落だった。原油が5セント上げた一方、金が40セント下げたのだ。原油については、今週、影響力のあるサウジの発言が主因だったとは言え、妙な上げが続いた。さて来週は?



アンケート、「100ドル原油時代はまた来るか?」に、ぜひ投票のほどを! http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=17487

このブログについて

石油価格は需給のファンダメンタルズから遊離し、異常な水準にまで上昇してしまった。
一刻も早く正常に戻ることを願いつつ、その異常な原油価格動向を書き止めることにした。

最近のコメント

最近のトラックバック

RSS