原油価格高騰ー週初20日の原油価格(終値)は結局妥当な反落2017/11/21 16:12

 今日のアップは幾分早くなった。幾分だが嬉しい。ストレスは少し弱まった。明日はもっと遅くなる予定。仕方の無いことだが、残念。天気は悪いまま。冬らしい天気と冬らしい。気温は一段と低い。12月中旬並みだとか。

 20日の原油価格(終値)は、結局、反落。46セント安のバレル当り56.09ドルになった。現下の石油需給からすれば、妥当なことだ。一時、ドル高だったことも効いた。ただ、サウジ問題など不安定要因は多々。

 ブレントは反落のまま。50セント安の62.22ドルになった。投機のブレントらしくないが、未だ62ドル台だから大したもの。ヨーロッパはより中東に近いからサウジ関連報道はより注目だ。

 金も反落。21.2ドル下げてオンス当り1275.3ドルになった。高値も下げた。2.4ドル下げて1295.1ドルになった。お陰で高値、安値の値差が更に開いた。やはりドル高傾向だったのが効いた。

 21日午後の取引は、原油が僅か反発、金が僅か続落中。原油が2セント上げる一方、金が5.8ドル下げているのだ。株は上げ、ドルは対ユーロで盛り返し中。もうじきヨーロッパ市場が始まる。さて、どうなるか?

原油価格高騰ー週初20日夕の原油価格は僅かながら妙なことに続伸中2017/11/20 16:53

 週初のアップは遅かった。残念。しかし、いつものことだが、昨日はお休み終値があったわけではないから、ストレスが溜まることはない。天気は悪いまま。冬らしい天気と言えば、そうだが。気温も一段と低い。

 20日夕の原油価格は僅か続伸中。4セント上げてバレル当り56.59ドルになっている。現下の石油需給からすれば、妙なことだが、横ばいと言っても良い水準だし、僅かな間に上げ幅が縮小している。

 ブレントは既に反落中。14セント安の62.58ドルになっている。投機のブレントらしくないが、62ドル台中葉だから大したもの。サウジ関連報道は注目だが詳細は不明なまま。政権固めなのか、純粋に汚職撲滅なのか。

 金は反落中。5.8ドル下げてオンス当り1290.7ドルになっている。高値も下げている。2.4ドル下げて1295.1ドルになっている。お陰で高値、安値の値差がまた開いた。アジア株はまちまち、ドルは盛り返し気味。

原油価格高騰ー週末17日の原油価格(終値)は妙な大幅反発2017/11/18 11:43

 今日のアップはほぼ普通だった。総じて今週はまあまあだった。ストレスが溜まるほどのことはなかった。感謝。天気は一転悪くなった。冬らしい天気と言えば、そうなった。気温は一段と低い。

 17日の原油価格(終値)は大幅反発。1.41ドル上げてバレル当り56.55ドルになった。現下の石油需給からすれば、妙なことだ。サウジエネルギー相も来春までに需給が均衡することは無いと言ったのにね。ドル安も効いた。

 ブレントも反発。1.36ドル高の62.72ドルになった。WTIより上げ幅が小さかったのは、投機のブレントらしくない。62ドル台後半にまで上げたのは大したもの。サウジ発言は減産延長を示唆と捉えたのだろう。

 金は続伸。18.3ドル上げてオンス当り1296.5ドルになった。高値も上げた。15.7ドル上げて1297.5ドルになった。お陰で高値、安値の値差がまた狭まった。ジオポリ要因、トランプ政権に対する不安など、要因は多々。

 最終取引は、原油が僅か続伸、金が僅か反落だった。原油が13セント上げる一方、金が2.1ドル下げた。ともに僅かな動きだが、それぞれに行き過ぎ感が出たか?来週の幕開けまでのお楽しみ。

原油価格高騰ー16日の原油価格(終値)は僅かながら妥当な続落2017/11/17 11:44

 今日のアップは少し遅くなった。ストレスが増すほどではないが。天気は良いまま。お日様があるせいか気温も更に僅か上がったような気がする。またぽかぽか陽気。それでも日が落ちれば一気に寒くなることだろう。

 16日の原油価格(終値)も僅か続落。19セント下げてバレル当り55.14ドルになった。現下の石油需給からすれば、やはり妥当なことだ。それでもサウジなどジオポリ要因はそのままだから底堅い。ドルはふらふら。

 ブレントも下げた。51セント安の61.36ドルになった。WTIより下げ幅が大きかったのは、投機のブレントらしくない。それでも、未だ61ドル強だから大したもの。サウジ石油相が来春まで余剰が続くと言ったらしい。

 金は僅か反発。50セント上げてオンス当り1278.2ドルになった。しかし、高値は下げた。8.2ドル下げて1281.8ドルになった。お陰で高値、安値の値差がまた狭まってしまった。開いたり、狭まったりの展開。

 17日昼前の取引は、原油も金も僅か反発中。原油が17セント、金が5.2ドル上げているのだ。昨日と似たような展開。アジア株は上げ、ドルは対ユーロで軟化中。日経平均の上げ幅は今日も大きい。

原油価格高騰ー15日の原油価格(終値)は妥当な続落2017/11/16 11:52

 今日のアップはほぼ普通だった。嬉しい。やはり普通が一番。天気は良いまま。気温も更に僅か上がったようだ。日が差しているから窓際はぽかぽか陽気。それでも、日が落ちれば一気に寒くなるに違いない。ご用心。

 15日の原油価格(終値)は続落。37セント下げてバレル当り55.33ドルになった。現下の石油需給からすれば妥当なことだ。それでもサウジなどジオポリ要因はそのままだから底堅い。ドルは対ユーロで安い中少し戻した。

 ブレントも下げた。34セント安の61.87ドルになった。WTIより下げ幅が小さかったのは、さすが投機のブレント。ジリ貧だったとは言え、未だ62ドル弱だから、大したもの。アメリカ在庫が増えたのはショック。

 金は反落。5.2ドル下げてオンス当り1277.7ドルになった。しかし、高値は上げた。6.2ドル上げて1290ドルになった。お陰で高値、安値の値差は開いた。良かった。なんのこっちゃ。

 16日昼前の取引は、原油も金も僅か反発中。原油が3セント、金が40セント上げているのだ。まあ、横ばいのようなものだが。アジア株は上げ、ドルは対ユーロで軟化気味。日経平均の上げ幅は大きい。

このブログについて

石油価格は需給のファンダメンタルズから遊離し、異常な水準にまで上昇してしまった。
一刻も早く正常に戻ることを願いつつ、その異常な原油価格動向を書き止めることにした。

最近のコメント

最近のトラックバック

RSS